テーマ:写真

集合写真

40名を超す同期会やOB会で集合写真を撮るのは一般的だが、全員の顔と名前を憶えているわけでもなく、一致するのは至難の業。 名前入りの集合写真を作成する。 何度もやってはいるが、そう頻繁にやる作業ではないので忘れている。 今回手順書を作成して保存してある。 集合写真の顔の位置に合わせてエクセルで名前を入れた表を作成。 顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真の傾き

橋や建物などをカメラを手持ちで撮影すると、どうしても多少傾くことが多い。 橋や建物は水平・鉛直が見る人の自然な直観なので少しの傾きもなんとなく気持ち悪い。 これだけ曲がっていると失敗写真となる。 デジタル画像の強みで写真ソフトで簡単に修正することができる。 橋などはわずかな傾きも気持ちが悪い(上:修正前、下:修正後)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォーキングこのごろ

腰痛でウォーキングを休んでみたりしたが、歩いているときは痛みがほとんどないので再開している。 明日29日は恒例の「山手線一周ウォーク」だがマイペースでキセルウォークにしようと。 今朝はやっと寒い朝で冬を感じる。 いつものコース、いつものラジオ体操。 本日早朝ウォーキング中の朝の風景を撮る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンパクトデジカメを買う

スマホのカメラじゃもの足らず、ばかちょんコンデジ(コンパクトデジカメ)でも寂しい。 一眼レフじゃ大き過ぎ、ミラーレスでも大き過ぎ。いずれも難有り、買わずに我慢を続けていた。 裏の液晶がひっくり返る自撮り可能タイプのコンデジが出回っている。購買意欲がわいてきた。 さて、性能だが。 一眼レフとコンデジでは何が違うといって、撮像素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶらっと国立新美術館に

前日飲み会があると睡眠が浅いためか、翌日今一つ調子が出ない。 朝のウォーキングはサボリ、なんとなく体もだるいが天気も良いのでぶらりと出かける。 高校の知り合いが写真展に入選したとのことで国立新美術館に行くことにした。 有りましたね、情感ある一コマをとらえてなかなかの出来栄えでした。 もともと写真は好きなので、写真展もよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝は「しばれた」

今朝は天気予報も晴れで気温はマイナス1度。 予報通り寒く、いわゆる「しばれた」。 ベランダに缶の蓋に水を入れたものを置いておいた。 薄っすらと氷が張っていた。 5時半はまだ真っ暗、早朝ウォークに出発。 気温はもとより、風もあるのでさすがに冷たい。 イヤーマフラーもせずに頑張っているが(あまり意味もないが)耳は冷たい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

点灯したスカイツリーをやっと写す

開業はほぼ2週間後になったが、東京スカイツリーは何度か点灯されている。 昨日は墨田区のイベントで「東京ほたる」が開催され、スカイツリーも連携して点灯された。 開業すれば毎日の風景となるのだろうが、それまでに何とか早めにライトアップスカイツリーをカメラに収めようと近所のスポットへ出かける。 足を延ばして浅草まで行けば、隅田川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真のプリント

デジタルカメラ全盛時代で写真は良く撮るが、見るのはパソコンかテレビ。 写真展に出展するわけでもなくプリントはほとんどしない。 大勢集まる会合の写真となると整理してプリントして送ることになる。 3時間のパーティーで170枚も撮影担当の人が写した。 お金に糸目をつけないのならば専門の写真屋さんに頼めばすむ話。 でも集めた会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰でも見られるモーニングレイ

モーニングレイ、直訳すれば朝の光線だが、日の出前のわずかな時間に東の空が赤色に輝く。 これは日本国中誰でも見ることができる。 但しその時間に起きていればだが。 今の季節の東京は5時代の始め、季節と場所によって時間は異なる。 夏の間は朝の4時台なので起きている人は少ない。 しかしこれからは日の出が遅くなるので見られる機会も多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々快適な早朝ウォーキング

このところ朝のグズグズ天気が続き早朝ウォーキングも湿り模様。 今朝は久々に晴れで朝日が出かかり、気温も多分23℃位なのか快適。 いつもは佃大橋、清洲橋間を反時計回りに回るのだが、今朝は逆回りの時計回り。 コースは同じでも歩きながら見える景色は変わる。 そういえばあまり見たことが無かった中央大橋越しの日の出。 早速手持ち…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

たまには夕日も

早朝ウォーキングが日課なので圧倒的に朝の風景を写すことが多い。 夕方、水泳の帰り佃大橋からの夕暮れ。 勝鬨橋のライトアップが点灯したばかりでまだはっきりしない。 天気が良かったので夕日は見えないが空はピンク状態。 折りよく遊覧船もやってきて携帯カメラでパチリ。 実際は橋の欄干にカメラを乗せ、手ブレを起さないようにシャッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジカメ教室から

デジカメ講座でいわゆる見せる写真を学ぶと今までの写真がさびしくなってくる。 バカチョンデジカメのオートで撮りまくっていると、それはやはり記録写真で見せる写真ではない。 コンパクトデジカメでも露出補正くらいはできるので使ってみる。 自動露出に補正をかけて少々濃い目にした方が写真としては見栄えがするようだ。 トリミングをして…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

写真を学ぶ

区民講座でデジカメを学んでいる。 カメラ・写真はずいぶん前の若い頃かなり凝っていたので理論はかなり詳しいほうだった。 ところが一眼レフは重く、デジカメの登場と共に「手軽に記録」が主になりデジカメのオート任せの撮影が大半。 改めて写真の講座を受けると「いわゆる写真」の撮り方が思い起こされてくる。 論理的なことでは「露出」「ピン…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

中央区民カレッジ始まる

生涯教育の一環の市民カレッジ、今年で3年目。 区民カレッジがない期間は早稲田大学エクステンションセンタの講座に通い、1週間に2回のペースで続けている。 学ぶというより楽しむ、学ぶことが楽しいのか良く続いている。 このところ興味を持っている「江戸」「城」「落語」の内、今回は落語、受講も3回目。 区でやってくれる講座は費用が3分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォトシネマ

購入したソフトがLIFE with Photo Cinema だからフォトムービーではなくフォトシネマ。 公開著作権に触れない音楽が三十数曲入っているのとDVD作成ソフトが同梱されているのでこれにした。 数種類ある「おまかせモード」で作成すると確かに簡単、30分程度で作れる。 多分これで満足できなくなるので「自分でモード」にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタル写真とフォトムービー

写真がデジタルカメラになって写した写真の後始末で悩む。 撮影枚数が格段に増え、後で選ぶのも大変。 インターネットプリントなら1枚8円くらいでプリントが可能だがアルバムに貼らねば後ではなかなか見ない。 パソコンで見るのは容易だが、見るより貯まる一方。 今回の2日の旅行でも150枚以上写している。 写真をズームしたり移動し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメラ買い替えのこと

今一番使用頻度の高いデジタルコンパクトカメラ、キャノンパワーショットは電池がへたり買い替えで迷っている。 ずいぶんカメラ暦は長いが、今手持ちのカメラで使えるものは何があるか。 古いフィルム一眼レフ、コンパクトデジカメ、APSコンパクトカメラ、携帯電話のカメラの4つが登場する。 持ち運びの都合で一眼レフはめったに使わないが数本ある交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタルカメラの電池

デジタルカメラの電池には泣かされる。 数年前に買ったキャノンのパワーショット、5万円以上したカメラですがその後デジカメはどんどん性能が上がってきましたがまだまだ十分に使えます。しかしリチウム電池の劣化はひどく1日持たない。スペアを1個持っているのだが2個で1日やっとの状態。泊まりの旅行は充電器が必需品になってしまった。機種専用電池なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大菩薩峠登山その後筋肉痛

大菩薩峠から帰ってきて、昨日、今日と太ももが痛い。 毎日20,000歩近くをウォーキングし、スクワットなども加えているのだが、山の下りでまたしても膝にきてしまった。 いつもは左の膝にくるのだが、右手に杖を持ってカバーしたせいか今回は右膝に来ました。 大菩薩嶺は2,057mあり、降りてきた大菩薩峠登山口は890mなので標高差は1,1…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大菩薩峠介山荘に泊まってきました

日・月にかけて大菩薩嶺を登ってきました。 一日目は大菩薩登山口から上日川峠経由で大菩薩峠介山荘まで、二日目は大菩薩峠から大菩薩嶺に登り丸川峠を経由して登山口に戻るコースです。 一日で歩いてしまう人もいるようですが、さほどの健脚でもない我々はゆっくりと改装してきれいな介山荘に泊まりました。おかず豊富のカレーライスは絶品、おいしかった。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

隅田川に架かる橋(その7)

(その6から)⇒小台橋⇒首都高速中央環状線橋梁⇒豊島橋⇒新豊橋⇒新田橋⇒新神谷橋⇒新岩渕水門 その1~7で39の橋の写真を掲載しましたのでこれで終了です。 「第30回日本スリーデーマーチ」は結局3日間20,21,34キロメートルの歩きとなりました。 一日目、二日目と自重しましたので腰痛、足のマメ共無事でした。 「小台橋」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隅田川に架かる橋(その6)

(その5から)⇒千住大橋横水管橋⇒東京電力送電橋⇒京成電鉄隅田川橋梁⇒上水千住水管橋⇒尾竹橋⇒尾久橋⇒(その7へ) 明日から2・3・4日はウォーキング大会(第30回日本スリーデーマーチ)に参加します。 東武東上線東松山早朝出発になりますので朝にブログは書けないでしょう。 30キロ×3日間の予定ですが腰痛、足のまめなど不安いっぱいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隅田川に架かる橋(その5)

(その4から)⇒水神大橋⇒千住汐入大橋⇒日比谷線隅田川橋梁⇒つくばエクスプレス隅田川橋梁⇒常磐線隅田川橋梁⇒千住大橋⇒(その6へ) 隅田川堤防がスーパー堤防化して公園のようです。川下のテラスとはまた別の味わい。 すぐ隣の荒川の堤防に近い。 「水神大橋」 「千住汐入大橋」 「日比谷線隅田川橋梁」(手前) 「つくばエクス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隅田川に架かる橋(その4)

(その3から)⇒吾妻橋⇒東武花川戸鉄橋橋⇒言問橋⇒桜橋⇒白鬚橋⇒(その5へ) 隅田川テラスになっているのはこの辺りまで。 浅草付近のムードがいっぱいです。 「吾妻橋」 「東武花川戸鉄橋橋」 「言問橋」 「桜橋」 「桜橋」X型橋 「白鬚橋」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隅田川に架かる橋(その3)

(その2から)⇒総武線隅田川橋梁⇒NTT蔵前専用橋⇒蔵前橋⇒厩橋⇒駒形橋⇒(その4へ) このあたり両国側はお相撲いっぱい、堤防壁も路面も川の手すりも相撲関連の画がいっぱいです。 「総武線隅田川橋梁」 総武線の電車が走っています 「NTT蔵前専用橋」 「蔵前橋」 「厩橋」 「駒形橋」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隅田川に架かる橋(その2)

(その1)⇒隅田川大橋⇒清洲橋⇒新大橋⇒首都高速6号向島線橋梁⇒両国橋⇒(その3) このあたりテラスとしてほぼ完備されています。 川べりには大きなビルがいくつも建っていて、その部分は隅田川テラスとビルのテラスが一体化しています。 「隅田川大橋」 「清洲橋」 「新大橋」 「首都高速6号向島線橋梁」 「両国橋」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隅田川に架かる橋(その1)

川下から上り、相生橋も含めます 勝鬨橋⇒佃大橋⇒中央大橋⇒相生橋⇒永代橋⇒(その2へ) 「勝鬨橋」 「勝鬨橋ライトアップ」 「佃大橋」 「中央大橋」 「相生橋」 「相生橋と朝日」 「永代橋」 「永代橋ライトアップ」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隅田川風景写真一巡

今日の写真で隅田川風景写真、正確には隅田川から見える風景写真が川下の勝鬨橋から始まり最川上の岩渕水門まで一巡しました。数えていませんが100枚は越したのではないかと思います。私のブログ自体はほぼ二本立てでウォーキングしながら頭に浮かんだ政治、ファイナンス、ウォーキングその他と、取り留めのない事をつぶやくのが一本。もう一本が写真で毎日隅田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隅田川風景

このブログで5ヶ月間100枚位の隅田川からの風景写真をシリーズで紹介してきました。 隅田川下流の勝鬨橋から始まりもうそろそろ最上流の岩淵水門に近づいてきました。 隅田川に架かる橋だけではなく隅田川テラスをウォーキングする時渡らねばならない水路や川に架かる橋、ウォーキングしながら見える建物などを写真に撮り紹介したわけです。 下流から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長男、長女どおしの結婚について

同年代の仲間と酒を飲みながら子供の結婚の話になった。 男は一人だけの長男が女二人だけの長女と結婚するとのこと。 さらっと考えれば少子化が進んでいる現在、長男、長女通しの結婚の確率は高く悩んでいたらきりが無いとも言える。 しかしそう単純でもないようです。 長男側に次男がいないのか。長女側に長男はいないのか(いれば問題にならないな)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more