札幌の雪祭り、工事現場のような雪像つくり

昨日は千歳空港雪で除雪のため11:30の便は欠航、次も欠航、ようやく飛ぶことになった13:30の便40分遅れの14:10に時間変更。
実際に搭乗出来たのはそれから40分後でほとんど3時、ようやく東京に帰ってきた。

札幌の大通り公園で雪祭りの雪像造りが進んでいるので小雪がちらつく中見に行く。
工事現場のような高い足場が見える。

雪像も余りにも大きくなりすぎでこの足場が必要なのか?
やりすぎの感もする。

雪像も余りにも大きくなると、雪像というより建物。
運んでくる雪の運搬も大変だが、足場も大変。

相当なお金をかけても経済効果は抜群なのでペイするのだろう。
イベントもここまで有名になるとたいしたものです。

工事現場??公園の中に建物でも造るのか?
画像


自衛隊による雪像つくり、見学場所も作られている
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック