読響、土曜マチネ

読響土曜マチネ、今日の指揮者は「炎のコバケン」こと小林研一郎。
ウェーバーの歌劇〈魔弾の射手〉序曲で始まる。
次はウェーバーのクラリネット協奏曲第1番。クラリネット独奏はアンドレアス・オッテンザマー、若手でした。

最後はドボルザークの交響曲第8番。
コバケンの指揮で迫力満点。

アンコールをやると最後の曲の最後の盛り上がり雰囲気が壊れると、最後の盛り上がり部分を1分間アンコール。
なるほど、なるほど。

この記事へのコメント