群馬の講座

11月1日
中央区の区民講座で「ぐんま学」という3回の講座を受講。
八重洲にある群馬銀行東京支店が会場で、銀座にある群馬のアンテナショップ「ぐんまちゃん家」がプロデュースしているようです。

1回目は「古墳の話」
群馬には知らなかったが古墳が沢山あるようです。
その中の「綿貫観音山古墳とその世界」がその回のテーマ。

6世紀ころの古墳のようですが埴輪も沢山出土している。
埴輪は1.5メートル以上あるものも有り思った以上に大きいものらしい。

古墳はお墓だから時のその地方の権力者が財力に任せて大きなものを作り、自分を守る兵士、馬、城などの埴輪で主人を囲んだようです。

雑学としても知識が増えました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック