改葬と納骨

10月29日

今月の始め釧路へ行ったのは両親の法事と改葬が目的。
改葬といっても何故か両親の遺骨は弟子屈のお墓には入っていず、釧路のお寺の納骨堂に供養されている。
多分、父が亡くなった折、母が父の遺骨を遠くに入れるとお参りに行けないので近くに置いたのだろう。

もう北海道まで私たち夫婦も子供達もお墓参りに行けないので、昨年東京に室内墓を購入した。
墓石をいじることが無いので改葬といっても割と簡単。
お寺に改葬証明を書いてもらい市役所に届け、改葬許可書をもらう事務的手続きだけ。

遺骨は納骨堂から持ち出し宅急便で自宅に送る。
簡単とはいえお寺にはそれなりの礼を尽くすことは必要

用意してある東京の室内墓に納骨するのはいたって簡単。
夫婦で両親の遺骨を2体持っていき、釧路で法要はやっているので東京では法要はやらない、ほとんど事務手続きと料金の支払いだけ。

夫婦二人で食事をして納骨終了。
長男としての将来の懸念事項も一応解決。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック